退職してからハリのある宿命を送るために。

今日通っているクラブはお婆さんが全く多いです。60歳を過ぎて勇退され、毎日の私の配列として、社交の舞台としてクラブに連日通われているほうが多いようです。その姿をみていると自分がお婆さんになったときのことが不安になります。今から嗜好やお修練事柄、自分が没頭できる何かを探しておかないと、退職した事後、時間があまって俺を見失い、探知症になる可能性もあるからだ。体を動かすことは心身にとりまして実にいいことなので、クラブだけでなく登山やマラソン、ゴルフなどヤツって関わって喜べる嗜好を今から作っておきたいものです。
ひと月前部ほどからフリーランスとしての仕事をするようになりました。
まだ駆け出しフリーランスなので、フリーランスの就労だけで食べて出向くことは出来ないですし、フリーランスとしての年俸は少ないです。
が、過日、事業を2場合任せて頂けて、その方々に高評価を頂くことが出来ました。
酷い意見がついたら凹んでいたと思いますが、高評価だったので嬉しかったし、
依然として未熟な自分にとっての自負へと結びつきました。
慣れ、不慣れがあり、失敗することもあるかもしれないけれども、
このまま順調にフリーランスとしてやっていけたら嬉しいなと思いました。