残業代を取り戻すには労働時間の記録が必要

もし残業代がちゃんと支払われない企業に入ってしまったら、労働時間の記録を自らとるようにしましょう。

企業が残している記録は細工されることも、包み隠されることもあるからです。

労働時間は金銭だけでなく心身にも関係してくるのでみなさんに労働時間の記録をお勧めします。現に働いた時間をはっきりさせます。定時の時間は特に関係ありません。
お昼の時間は差し引きます。
定時以降の給料が未払いの会社もたくさん存在しますが、それらは全て違法行為です。

もしもブラックな会社に入った後に法律を犯している「固定残業代」が判明した際は、不払い残業代と同様に払っていない分を請求することが可能となります。但し書きを整えていない固定残業代は違法で、平たく言うと賃金未払いの一つの形にすぎません。

固定残業代に関してはまず、契約をきちんと見直す事が重要です。給料をちゃんと出さないのは犯罪です。少ないのも犯罪です。

企業は確実に契約に則した賃金を支払わなければいけないですし、その契約内容は法を守っているものでなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>