就眠できない理由

就眠できない理由は個人で異なりますが、充実感のある一日を過ごし、心身ともに適当に疲れているなら、就眠することはそれほど苦労はないはず。
しかし、今の時代はストレスフル。
簡単には眠るにつける時代ではありません。
眠れないのは、しっかりと動き回ることもなく疲れ果てていないせいか思い悩むことがあって、解決せずにベッドに入り、色々な思惑が頭を回っているせいか……いろいろ要因があります。まず、1日のリズムは朝、太陽の光を体に受けることで翌日にもう一度問題を考え直した方が良い対処法が発見できる事は良くありますが、その日の悩みは次の日まで持ち越さないほうがスムーズに眠りに入っていけます。
夜、布団に入ってもそのまま寝られない。
悶々とした時間を過ごし、日出ころにやっとの思いで寝ることが出来、朝は遅刻してしまう時間でないと目が覚めない。そのような経験はありませんか?私たち人類は一日全て合わせて7時間の眠りをとることが、健やかに長く生きるには大切です。
一体全体色々と悩むことなくすぐ眠れるのでしょうか。すぐに眠るためにキーとなるのは、一日をどのように過ぎすのかです。