体温を測定

さらに、体温を測定し平熱より一度以上高いケースでは熱中症である可能性が高いと言えます。
軽度のときであれば一定期間安静にすれば快方へ向かいますが、40度以上の高熱が出ている、けいれんも起こしているという場合はすぐに病院へ行ってください。
特に年配者や子どもの場合、体温の調節が上手にできないため、熱が体の中にこもってしまいがちですし、本人が感じ取ることができないといった場合もあるため、周囲の人が気を配る必要があるでしょう。また、家の中にいるから大丈夫ということはないのです。
屋内においても浴室などの湿度と気温の高いところや日の光がよくあたり閉めきった部屋の場合でも起こる可能性はあるので、注意が必要です。
この外的要因及び内的要因が合わさった際に、熱中症が起こるリスクが高くなります。
ですので、気温が梅雨の時期は涼しかったのに梅雨も終わる6,7月に急に暑くなってしまうことによって体が対応できず、熱中症で倒れる人が一気に増えるのです。
熱中症になったときの症状は、軽度であれば立ちくらみのほか大量の発汗もしくは筋肉痛などで、このケースでは涼しい場所で安静にすることにより症状は回復します。しかしながら、熱中症のサインに気づかず放置しておくと症状は急速に悪くなっていきます。