主に1~5歳くらいの子供がインフ

主に1~5歳くらいの子供が、インフルエンザというものに感染し、発熱してしまった後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状が現われるのがインフルエンザ脳症となります。
インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、回復した後に後遺症が残ってしまう場合もありうるのです。
インフルエンザは風邪とは異なるもの知られています。
症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、短時間で高熱に達し、3日から7日は最低それが続きます。型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状が微妙に違います。しかし、肺炎をおこしたり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、恐れるに匹敵する感染症です。
乳酸菌といえば連想されるのはカルピスです。
小さかったころから、毎日飲用していました。その理由は乳酸菌が入っているからです。
お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。
そのわけで、私は便秘の経験がありません。
カルピスを飲んでいたのが理由でとても健康体になりました。
いわゆる乳製品でなくても、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。
調べて見たら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことをさしていました。このことを知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、とても驚いた事実です。
夜中に高い熱が出て、40℃近くまで上がって調子が悪かったので、次の日に病院に行きました。インフルエンザの検査が実施できますよと教えてくれました。
私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、適したお薬を接種できるので、検診したいと希望しました。