ルテインは緑黄色野菜に多く含有し青汁

ルテインは緑黄色野菜に多く含有し、青汁の原料として有名なケール、ほうれん草などに多く含まれています。近頃の研究では、ルテインの興味深い結果があります。
ルテインを補給している人は黄斑変性症が発症する人がルテインを摂っていない人に比べ半分しか症状がでなかったそうです。
眼精疲労になると、例を挙げると目がショボショボしたり、夕暮れになると目がかすみ、近くや遠くに焦点を合わせにくくなったりします。
その他、目が赤くなる、目の奥が痛くなる、まぶたがあきにくくなるといったことがあります。
目以外にも深刻な症状に発展する場合も少なくありません。
眼鏡をかけている場合でも、度が合っていないために眼精疲労へと進むことがあります。
その原因には、眼鏡の店で眼鏡をつくると過矯正の状態になったり、いらない乱視矯正を入れてしまうことにあります。
過矯正は遠いところを見るときは何とか見えても、近いところを見るには適していません。
こうした状況を見ると、「目の疲れ」などといった表し方では甘い感じがします。残念なことですが、近頃、「子供たちの目の健康」は重要なテーマになっています。大人に限らず小さい子の眼精疲労などにも目を向けなければいけません。
目に疲労が重なると、疲れ目への悪化のスピードが速くなります。
さらに、ケアせず放置してしまうと、眼精疲労へつながってしまいます。
眼精疲労の状況になると、症状はそう易々と改善しません。
できれば初期段階で疲れた目を休息させることが重要なキーとされるのです。