リングをしない人

近頃、ダディーのお家に行ったらあちらのご両親から起こる事を問題されました。
それは、私もダディーもとも指輪をしていない事です。
ひょっとしたら本当は揉め事もして別れ寸前になっているのかという詮索までされたのです。
も、もちろんそんな事はなくて私たちは知人アベックだ。
指輪してないのは、ダディーはリングが好きではないし失くすとか汚すのがお断りから、であたいに関して言えば嫁入り当初は喜ばしくてしていたけど、本当はリングとか添え物がさほど好きではないからです。
それに、私も失くし易いし逐一洗い物などで取り外すのが面倒だからだ。
とりあえずもし正式立場に行く時折指輪はしておくべきなのでしょうけど、普段はカップルともつけない結果びっくりしてるのです。
けど今回みたいに周りに問題させちゃうのは良くないので、お家に行く時折付けておくべきだったかなと反省しました。
最近になって、子が小学生に行くようになったのでいっぺんにご近所さんに顔見知りが増えました。
とはいえ、殊更知人というのでなく見るとたしかそれは子の同級生のママですなという程度のほうがほとんどなのです。
その場合、これまで楽ちんだった究極での買物が意思が重くなります。
だって、誰かしら見たような顔付きがいてご挨拶やるなのかって考え込むからです。
も、余程知人とか話がある形態以外では話しかけないと決めました。
視線があってしまえば早く礼、それだけです。
究極での買物も他人に見られたくないかもしれないし、忙しない他人もいる。
無駄に顔見知りだけは増えたけど、自身は気軽に寄ってって立ち話したいとは思わないし、とにかくこれでやり過ごす点にしようと決めました。