マンツーマンのスタイルならよく理解できない

マンツーマンのスタイルならよく理解できないところはその都度質問することができますし、理解するまで勉強できます。
それに授業内容も発音を主に、ビジネス英語を中心としてなど希望に沿った授業を受けることが可能です。
この15万円に寮費や食事代も入っていますし、掃除並びに洗濯もスタッフにやってもらうことができて、その費用も含まれています。
他にもタクシーに乗る際の初乗り料金は日本と比べると5分の1以下なのです。
それだけではなく、外食した場合にビールを飲んだとしても数十円程度ですし、焼肉バイキングへ行ったとしても数百円で済み、ミネラルウォーターの値段はおよそ20円など日本より物価が安いため、滞在費もそれほどかからないでしょう。海外への英語の習得のための短期留学と聞いたときアメリカにカナダ、オーストラリアのほかイギリスといったヨーロッパ諸国を考え付くという人が多いのではないでしょうか。それに欧米諸国と比べるととても日本との距離が短いことによって、飛行機代も安く済みます。またビザもフィリピンへの留学なら30日以内なら要りません。