ブルーベリーの効果

目にブルーベリーが効き目があることはよく伝わっています。ブルーベリーに多く含まれているアントシアニンには、網膜の機能を強化させる機能が備わっているからです。
ブルーベリーは見事な青紫色ですが、その色はアントシアニンによって出た色です。
また、ポリフェノールの一種で抗酸化作用があるということで、目と身体の疲労回復にも効き目があります。疲れた目をそのままにしておくと、徐々に進行します。はじめに、軽く目に疲れを感じる段階があります。この状況が疲れ目の初期症状で、目に休息を与えたり、睡眠を多くとることで回復します。
しかし、そのままにすると目の負荷が消滅しません。このような状況を見ると、「目がしぱしぱする」などの表現ではふさわしくない気がします。残念ですが、現在、「子供たちの目の健康」は大きな課題になっています。
大人にだけ注目するのではなく子供たちの眼精疲労の症状にも目を向けなければいけません。眼鏡をかけている状態でも、度が合わないままかけると眼精疲労の症状がでることがあります。
そうした原因には、眼鏡屋で眼鏡をつくると過矯正の状態になったり、いらない乱視矯正をしてしまうことにあります。過矯正は遠いところを眺めるときはどうにか見えても、近距離は見えにくくなります。
今現在、ドライアイは眼精疲労の原因の一つとして注目を浴びています。
コンタクトの長時間の使用による酸素不足の慢性化、間違ったケア、涙が少ししか出ないなどの状態が続くと、眼精疲労の原因に眼精疲労と繋がってしまうのです。