ブラック企業の見破り方

これは単なるイメージだけの話なのではなくデータ上でも裏がとれています。たちの悪い賃金を払わないという事例は、小売や接客の世界でとりわけ多いことはデータにも確認できます。
まずは「業種」が判断基準です。
どのような業界にブラック企業がたくさんあるのか、を見てみましょう。過労死者が多くみられるのは飲食の業界です。

厳しいスパルタ研修の様がメディアで取り上げられ、非難された出来事もあります。

特に危険なのがテンションの高い会社です。社員みんなでキメポーズしているシーンを載せていたり、むやみに「気合」「根性」「感動」などの不明確なスローガンをかかげている会社は注意すべきでしょう。
そういう企業はノルマが厳しく、社員へ圧力をかける傾向があるため、飲食・小売と同様にベンチャー企業・急成長企業が多いこれらの企業では、労働法を守る想いが業界全体で薄い傾向にあるほか、相手がコンピュータという寂しい作業を強いられるプログラマーのSEの仕事は、ほかの仕事と比較してもうつを発症する危険があるのです。ブラックな企業が「ここはブラック企業だ」と自らいうことはないですが、その企業が出している求人広告を探してみると、ブラック企業ならではのうたい文句を発見することが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>