ブラック企業に奉公してもムダ?

また、福利厚生なども整っており給料が満足できるものならブラック企業と言わないのかというのも疑問があります。
ですが、優遇されても死ぬまで働かせるのでは無意味です。そのようではいくら保証があっても価値のあるものではありません。
しかしながら、こういった「御恩と奉公」の関係は景気が悪くなりはじめてから出てきたブラック企業にはないのです。

働きぶりとは関係なく労働契約を解除するのも当たり前です。
もとより、長期間雇用など考えていないように思えます。
本来なら、企業側が「御恩」として高い保障を与えていました。

そのために被雇用者も「奉公」として長時間の拘束や労働などに耐え忍んできました。
しかし、最近登場したブラック企業は冥利なしで長時間労働を強制しています。とは言っても、昔の日本企業の経営では、働き手は企業に身動きがとれない代わりに、それなりの報酬もありました。
例えば、景気が悪くなったとしてもくびにはならない「終身雇用」という慣行が当たり前とされていました。

バブル時代も、他の国から批評されるほど働いている時間は長く、社員のプライベートに入り込んでくる風潮も多々ありました。

勤務時間の長さだけなら、日本にある会社は以前から変わっていないと言ってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>