テレビで「株主優待」の存在を知り自分ももらえた

テレビで「株主優待」の存在を知り、自分ももらえたらと感じたことがある人もいることでしょう。
株主優待というのは、その企業の決算日に一定の株数以上の株式を保有する株主の方にその企業のお店で使える商品券あるいは割引券、商品のセットといったものが贈られるのです。株主優待を受ける場合、一定株数以上を保有している株主みんなに同じ数量贈られるところと株数によりいくつかの段階に分かれ数量が変わるところなど企業毎にいろいろです。
株を取引する場合、取引手数料を払わなければなりません。
この取引手数料について言うならば、証券会社によって金額に差があるのですが、店舗型はオンライン型と比較して割高です。
ただ、店舗型は担当者と相談しながら決めれるという良い点もあります。店舗型であれば、運転免許証あるいは保険証のような身分証明書と一緒に振込先として利用する預金口座の番号を準備していって申し込みをすれば、当日に口座の開設が可能で、取引も開始できます。
いくらなんでもそこまでは無理だとしてもわずかでもよいので、受けられたらという方もいることでしょう。しかし、株主優待を受けたいと考えたら、まず第一に株を購入しなくてはなりません。