しかし一方でが承認されない購入方法や商

しかし一方で、が承認されない購入方法や商品も存在しています。
例えば、自分の足でお店や営業所へ足を運び、商品を購入もしくは契約した場合には、は認められないのです。
ですが、先ほど述べた保険契約や特定継続的役務に該当していれば適用されます。
その次に、カタログ通販、さらにはネットオークションやネット通販など自分自身で葉書やインターネットを使って申し込みを行った場合には適用外となります。「クーリングオフ」という制度があることを聞いたことがあるといった方も多いのではないでしょうか。
とは、契約日から8日間または20日間など定められた期日内なら、無条件にその商品の返品もしくは契約の解除を認めた制度です。また、街を歩いているときに声をかけられたので着いていったら高額なものを購入させられてしまったといった場合でも認められています。
それに加え、電話で案内された通りに契約してしまったときでも8日間以内であれば認められています。
あとは、内職商法やモニター商法というような業務提供誘引販売と呼ばれる類のものに加えマルチ商法などの連鎖販売契約と呼ばれる類のものであるとするならば、20日間以内なら契約解除が可能です。