ここのところ光回線業者が高齢の方が

ここのところ、光回線業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが増えています。そのような事態を鑑みて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を定かにいたしました。
どこの回線にしようか困った時には、おすすめサイトを参考にすればいいでしょう。光回線を扱っている会社をたくさん見比べてくれているので、そのうちから自分の生活にあうものを選べば良いでしょう。得するような情報も発見できるでしょう。快いネット環境にしたいので、フレッツ光ネクストのことを調べているところです。まず始めに、ホームページ内で自宅郵便番号の入力をして提供エリアとなっているか調べました。次いで、月額料金シュミレーションをやってみました。
導入まで非常に明確です。
フレッツは客からのクレームが多数集められており、そのうちの一つに加入後ひと月ほど経った頃に、突然ネットに接続できなくなるケースがあります。
この例の場合、間違いが初期設定にあることがわかって、何とか無事使うことの出来るようになったみたいですが、そのようなクレームは日々たくさん寄せられているそうです。
次回のネット環境として、候補にワイモバイルを入れています。せっかくなら手ごろな方がいいので、どのようなキャンペーンをしているのか調べました。
大まかに見てみたところ、よそから乗り換える形でキャッシュバックという制度がありました。対象などを調べて、慎重に考えたいと思います。