きんぴら

今日も真昼がきました。何食べようかなぁ~冷蔵庫を覗いても、めぼしいものはないです。出先は多雨。寒いし、ぬれるのは不快だから、何か作ろう。ニンジン。そういえば、現在、赤いものを食べていないなあと思いました。直ぐ、帯同アプリケーションで調べ。ニンジンきんぴら。簡単そう。ごま油がないけど、オリーブオイルで代用。ニンジン一本を千切りとして、油で炒めて、水で暫く煮ます。醤油ってみりんで味付けして、些か多めにごまをふりかけました。出先で食べたらありがた~いゴマも自分で作るって適当に残りなだけ。ご飯ってにんじんのきんぴらが今日の真昼飯。お馬様だったら、ニンジン一本といった水と米国かなぁと思いつつ、味添付ニンジンをほおばり、しばらくすると、油でビタミンAの理解がよくなったのか、概況も良くなった感じがしたのでした。ありがたや。。。ニンジン。。。
休暇の朝食にホットケーキを作っていたときのことです。乳児が手つだいたいというので、布地を合わせるのを任せました。その間にあたいが最高潮プレートを用意して温めたりしていました。
「混ぜたよー」という感想が聞こえたので、布地が入ったボウルを捉えました。そうして最高潮プレートに布地を流そうっておたまですくったらびっくりです。上位は確かにバッチリ混ざっていましたが、下は粉が混ざっていなかったのです。
乳児といった二人で微笑みながら急いで混ぜて、セキュリティーホットケーキを焼くことができました。乳児に全面的にお任せしたとはいえ、確認するのも大事ですね。乳児もそうして失敗しながら一助を通していけば賢くなるでしょうから、これからもできることを手伝ってもらおうと思います。