「人が健やかに長く生きるためには

「人が健やかに長く生きるためには1日合計で7時間(6時間半以上7時間半未満)の睡眠時間が良い」ということが証明されていますが、もちろん、乳幼児の際はもっとたくさん眠るべきです。
生まれてすぐの乳幼児は約18時間眠り、起きている時間は6時間ほど。
生後約半年からゆっくりと目覚めている時間が伸び、幼児では10~12時間、小学生で10時間弱眠る子どもが多いとされています。ですから、成人してからも翌日に疲労を残さないために寝ることは大切なのです。ですが、徐々に年をとると布団に入ってもすぐに眠れない眠りが浅い、夜中に目が覚める、と訴える人が増えてきています。
このバソプレシンの生成が、年齢が上がると少なくなるため、夜中でも幾度もトイレのために目を覚まし睡眠のサイクルが崩壊し、寝れないという調査結果が最近発表され、脳科学の学問の世界ではトピックとして取り上げられました。夜の眠りについている間には、脳の下垂体から成長に関わるホルモン分泌が促されるので、格段子どもにとっては十分に眠る事は重要です。「寝る子は育つ」という言葉は、脳科学的に見ても正解なのです。